お宝鑑定ドットコムホームページ

2006年09月19日

東京ドームで「お宝鑑定トークショー」が開催され、大盛況でした。

去る9月16日、17日、18日と東京ドームで
「私の逸品探し 東京お宝市場2006」というイベントが
開催されました。

060918_153925_M.jpg

私は、18日の最終日に会場に出かけてきました。
この日、久しぶりに蒸し暑かった東京。
その中で東京ドームの中に入ってみると、中はそれはそれは大盛況で、人だかりで更に熱気ムンムンの会場でした。

この日の目玉最終イベントとして特設ステージに、
「お宝鑑定ドットコム」の、
安岡路洋さん、岩崎紘昌さんの二人が登場しました。

060918_154006_M.jpg

本日は「お宝鑑定セミナー」と題した2人トークショーです。

「コレクターと骨董屋の違い」 や

「骨董に対する熱い気持ち」 を

時間いっぱい、熱く語り続けました。

060918_153821_M.jpg

客席は、立ち見の方もおり、
席を立つお客さんは、最後までほとんど見られませんでした。

お暑い中をいらしていただきましたみなさん、
本当にありがとうございました。

posted by お宝鑑定ドットコム at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

「お宝鑑定買取サービス」 ついに始まる!

たいへん長らく、お待たせ致しましたexclamation×2
お宝鑑定ドットコムで、

ついに「お宝鑑定買取サービス」がはじまりました。

少し前になりますが、このブログでも洋館の方から「お宝の整理」のご相談を頂きました。
「お宝鑑定ドットコム」ホームページの方にも、全国から同じようなお問い合わせを数多く頂いております。
そんな皆様のニーズにもお応えできる新企画です。

 遺産相続や家の建替えによる骨董・古美術品買取の需要は増加していますが、
誰に鑑定してもらえばよいか分からないふらふら
相続対策、税金問題が面倒だがく〜(落胆した顔)…など、
売りたいと思う側が多くの問題を抱えることで、日本の優れた文化財である
骨董・古美術品がついついゴミとなって消えることも少なくありません。

このサービスが、そうしたことを少しでも減らせれば、
物を通して大切な心や思いを伝えていくことにつながっていくと思いますわーい(嬉しい顔)

これは、家の建替えや引越しなどで起きる比較的大規模な買取に対し、
お宝鑑定普及委員会の鑑定士が鑑定を行い、
お宝鑑定ドットコムが買取を行なうというものです。
これまでの単なる骨董・古美術の買取と異なり、弁護士や税理士も買取チームに
加わっており、遺産相続や財産分与で起きる法律上、税務上の問題も一挙に解決しながら、買取を実現していくというこれまでにないサービスなのです。

ホームページ内の案内を一度、ご覧くださいませ。
ご相談をお受けいたしておりますので、お気軽にどうぞ黒ハート



posted by お宝鑑定ドットコム at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

お待たせしました! 「ネット鑑定」スタートしました。

気になる「お宝」の価値を、
インターネットで手軽に鑑定


長い間お待たせいたしました。
たくさんの方たちからお問い合わせを頂いておりました、「ネット鑑定」サービスが
いよいよスタートしました。

お宝鑑定ドットコム

から、お入り下さい。
詳細をお知らせしております。


また、インターネットを使った「ネット鑑定」サービス以外の
お宝の鑑定依頼に関しましては、別途ご相談に対応いたしております。
事務局までメールにてご連絡下さい。
info@otakarakantei.com
お待ちいたしております。


posted by お宝鑑定ドットコム at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

手打ちうどん

以前、お宝鑑定ドットコム事務局で「流しそうめん」が人気だという話題がありましたが、
今日の話題は、「そうめん」より
かなり太めの「うどん」のお話。

「日本三大○○」というのは実に多いものなんですね。
ちょっと調べてみると、驚きました。
あるわあるわ。
Wikipediaの「日本三大一覧」なんてそれは膨大です。
日本人は、なぜか「三大」というのが好きらしいです。
「日本三大ブック」(講談社刊)という本までありました。参考までに!

ところで「うどん」といえば、やはり誰もが知っている
讃岐(香川)、稲庭(秋田)、水沢(群馬)が三大うどんとして全国的に有名でしょう。
さてこの「日本三大うどん」。
いつの頃からこの三つが有名になったのでしょうか?
いったいこの三つは何故にこんなに全国区なったのか?
皆さんはご存知ですか?もちろん、私は知りません。
と日頃は特に考えないことが急に知りたくなったりします。
長くなるので省きますが、意外と面白いものですね。
日本三大○○、ネットで引くだけでも、結構楽しめます。
おススメ!です。

ところで、来る7月22日に
栃木県さくら市氏家地区で「素人うどん打ち大会」が行われます。
良質な小麦の産地である「氏家」で、地域おこし事業の一環として
釜揚げぶっかけうどんの味と腕を競い合います。
昨年に引き続き、今年が好評につき第2回目の開催です。
「お宝鑑定ドットコム」の安岡路洋さんが審査員で参加します。
詳しくは、 「お宝鑑定ドットコム」ホームページで。

このイベント、当日私も参加する予定なのですが、
うどん好きの私にはなんか、今からなんともたまらなく楽しみな企画です。
皆さんも大いにご期待くださいね。

皆さん!何年か先に気がついたら、
日本の三大うどん、氏家うどんってな事になってるかも?





posted by お宝鑑定ドットコム at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

初めての茨城遠征ツアー

「お宝鑑定TV」では現在、日本全国お宝骨董市めぐりの中で
栗の家骨董市をビデオリポートしています。
当日は昼過ぎからあいにくの雨模様でしたが、朝から会場は大盛況。

特別企画イベントのジャズコンサート、世界の鐙展、
安岡路洋トークショーも大人気でした。

eeva_kurinoie.jpg

留学生リポーターのエヴァはこの日、
初めての「茨城県」訪問だったようです。
東京から岩間駅までの「小さな旅」に、車窓から見えるのどかな田園風景を遠足に行った時の小学生みたいに楽しんでいました。
良かったね!

posted by お宝鑑定ドットコム at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

「講演会のお問い合わせ」ありがとうございます。

こんばんは。
今夜は待ちに待った、サッカー・ワールドカップ開幕の日です。

日本戦はまだ先ですが、今日は金曜の夜。
朝からなんとなく気持ちがワクワクしています。
なんたって、4年に一度ですから。
眠れない日が続きそうです。

きっと、開幕戦を見て朝方まで起きている人も多いんだろうなあと思いつつ、
まあ、初めにあまり無理をし過ぎるとW杯は1ヶ月の長丁場なので、
見るのも体力がもちませんから。
その辺をよーーく考えて、やっぱりビール片手に盛り上がろうと思っています。

本当は、ドイツ、行きたかったけど、
テレビで見るW杯もなかなかいいもんだぜ!と盛り上がる予定です。

さて、少し「お宝鑑定ドットコム」の近況報告。
このサイトをごらんになっていただいている方の中にも、
まだご存知ない方がもしかしたら、いらっしゃるかも知れませんので、
あらためてお知らせします。

ご存知「お宝鑑定ドットコム」の委員会メンバーは、
プロフィールをごらんいただけばお分かりいただけるように、
みなアンティーク(骨董)の強者です。
安岡路洋さん、岩崎紘昌さん、石井久吾さん、
前野重雄さん、伊澤喜久男さん、
それぞれテレビで大活躍している、
信頼できるその道(お宝鑑定)のプロの方たちです。

その豊富な知識・経験から出る「他では聞けないちょっと良い話」を
「お宝鑑定」講演会・鑑定会で全国の皆さんにお分けしています。

2〜3人の組み合わせもできます。
テレビでは見れない・聞けない盛りだくさんの話!
そんな講演依頼を、このサイト内で受付中です。

この募集は始めてまだ間がないのですが、
お陰様で続々と依頼をいただいています。
お待ちいただいている皆様のところには、例え遠くても
できる限りたくさんの土地に出かけたいと思っています。

ご希望がございましたら、ドンドン HOME の「講演会・鑑定会」をごらんになって、
申し込みフォームからお問い合わせください。

日程など、さまざまなご相談にお乗りいたします。

ところで、W杯・開幕戦は、やっぱり「2:0で ドイツ」かな?







posted by お宝鑑定ドットコム at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

祝!ブログスタート

昨年から準備を始め、4月にこの「お宝鑑定ドットコム」がスタートしました。
始まってそろそろ1月半になりますが、
まずは参加している鑑定士メンバーの紹介、お宝鑑定TV動画ニュースと、少しずつですが、動画を中心にした骨董、アンティークに限らず、ブランドものやプレミアものなど幅広いコンテンツの充実を目指してスタッフ一丸となって頑張っています。
そしてついにというか、やっとこのブログと掲示板がオープンしました。
これからは、このブログやBBSも最大限に利用して、より一層の「お宝鑑定普及委員会」の草の根活動を進めていきたいと思います。
役に立つ、ためになる、使えるサイトを目指して進んでいきます。
まもなく、バイリンガルの留学生リポーターによる
海外向けの英語版「ビデオPODCAST・お宝鑑定TV」も開始します。
さあー、がんばるぞーー!
ネットは若者だけのメディアじゃないのです。
すでに、見ていただいて下さっている皆さん!
中高年の方もどんどん、このサイトにご参加頂いて、楽しんでください。
そのための企画(アイデア)をスタッフは、考えて提案していきます。
宜しくお願いします。


posted by お宝鑑定ドットコム at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。