お宝鑑定ドットコムホームページ

2007年08月31日

鑑定大会にお宝鑑定ドットコムの鑑定士が…!

`V.jpg

☆なんでも鑑定大会☆


お宝鑑定ドットコムの鑑定士 安岡路洋さん前田洋さん
鑑定大会に登場します!

皆さんも是非ご参加下さい!!





========================

2007年9月16日(日)
『栗の家』石蔵前ステージ
AM11:00〜

========================

お問い合わせ

↓↓↓

栗の家 ⇒ 茨城県笠間市土師1285
       :0299-45-5124
http://www.kurinoiekottouichi.com/




posted by お宝鑑定ドットコム at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

お宝のいろは 「渡辺崋山」

まだまだ暑い日が続きますねたらーっ(汗)
こんな時は、海や山ではなく『博物館』へ出かけてみてはいかがでしょうか?
歴史に触れ、想像をめぐらせていると、暑さも感じなくなってきますよ。
あっ、それは博物館のクーラーのせいか。。。

     ・
     ・
     ・


今回の『お宝のいろは』は「渡辺崋山」についてです。
渡辺崋山といえば、私は画家としてしか知りませんでしたが、
家老として飢饉や黒船来航に尽力したり、
外国事情に興味を持っては蘭学や兵学を研究したり・・・。
色々な分野で活躍していたのですね。
(渡辺崋山だけがそうだったわけではありませんが)


しかも少年時代は、家計を助けるために絵を描いて売っていたらしい。できた子供ですね。
後年は、皮肉にも生活のために絵を売っていたことが問題視されてしまいます。


。。。。。


今の世界で、複数の分野で活躍している人はどれほどいるのでしょうか?そういった人々にはやはり「天性の才能」を感じずにはいられません。

がしかし!そういう天才に共通して言えることは、
「皆、とてつもない努力を重ねている」ということ。
『天才とは1%のひらめきと99%の努力である』とはよくいったものです。


努力なくして、大成はありえないのです。
と、今さらながら実感している今日この頃です。
・・・もうすぐ秋だし、とりあえず読書本でも始めてみようかな。。。





〜〜〜〜〜

愛知県にある「田原市博物館」です。
とても分かりやすく書かれているので、是非ご覧下さい。
http://www.taharamuseum.gr.jp/kazan/kazan1.html




posted by お宝鑑定ドットコム at 20:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

お宝のいろは 「松尾芭蕉」

今日は梅雨明けしたぞ〜って感じのいいお天気晴れ
白い雲もふわふわと気持ちよさそうに浮かんでいます。


今日の「お宝のいろは」は松尾芭蕉。寛永21年(1644年生まれ)
江戸時代前期の俳人。弟子の河合曾良を伴い、元禄2年に江戸を立ち東北、北陸を巡り岐阜の大垣まで旅した紀行文『奥のほそ道』はあまりにも有名。

月日は百代の過客にして、行くかう年もまた旅人也。舟の上に生涯を浮かべ・・・予もいずれの年よりか片雲にさそはれて漂白の思ひやまず・・・」とあります。芭蕉の旅立ちを決意させた片雲
果たしてどんな雲だったんでしょうか。一説には芭蕉は忍者?だったんではとの説もあり、そう考えるとこの雲に馳せた思いがまた違って見えてきますね。


奥の細道の雲が出てくるほかの俳句もちと拝見。

雲の峰幾つ崩て月の山



奥の細道についての詳しいサイトは http://www.basyo.com/

芭蕉についてはhttp://www.bashouan.com/index.htm










posted by お宝鑑定ドットコム at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。