お宝鑑定ドットコムホームページ

2007年07月30日

お宝のいろは  岸田劉生『麗子之像』 

一日一歩、三日で三歩、
気楽に学ぼう!『お宝のいろは』です。

本日は
岸田劉生の『麗子之像』について、ほんの少し。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岸田劉生

cAwN??xiRNj.jpg 岸田劉生による、
 『椿君に贈る自画像』
 (大正3年、東京都現代美術館所蔵)。
 
 岸田劉生(1891〜1929)
 大正から昭和にかけて日本美術史に
 大きな足跡を残した画家です。

 


38年の短い生涯で描いた作品の大半は、劉生自身が遺した克明な日記と研究によって来歴が明確になっており、特に劉生の代表的画題である『麗子』に関して、未発表の作品があるとはおよそ考えられません。

また劉生は油絵も日本画も描きました。
そのため、絵の具や紙の性質に実に確かな知識を持っておりました。

使われている紙や絵の具をよく研究するととても良い勉強になります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 麗子像

麗子像は、一般的によく知られた劉生作品のモチーフです。

1918年10月に完成した「麗子五歳之像」からはじまり、
娘・麗子が16歳になる1929(昭和4)6月まで12年にわたって
描かれ続けました。
この期間、時代時代の様々な麗子が描かれ続けています。
麗子の神秘的な微笑みが本当に印象的です。

http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?processId=00&ref=2&Q1=&Q2=&Q3=&Q4=115_____41___&Q5=&F1=&F2=&pageId=E15&colid=A10568


麗子(重文)
東京国立博物館(上野) http://www.tnm.jp/



また次回、お会いいたしましょう。




posted by お宝鑑定ドットコム at 19:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

お宝のいろは〜山岡鉄舟の巻〜

今日は、かの有名な山岡鉄舟について!

==================================================

山岡鉄舟

幕末期に活躍した鉄舟は剣客にして明治政府の政治家でしたが、剣・禅・書の達人としても知られます。

中でも書は実に巧みで、一日に千枚を越す書を書いた日もあったと伝えられ、
53年間の生涯に100万枚をしたためたと言われるほど、日本各地に鉄舟の書が散見されます。

今でもおそらく数万点が現存するものと思われます。


==================================================




山岡鉄舟は「書」で有名なのは知っていましたが、一日に1000枚も書いていたとはたらーっ(汗)

すごいという一言では片付けられない偉業ですねexclamation
ということは、結構な数の作品が世に出回っていると思われますが、
山岡鉄舟は公式鑑定機関がないので、真贋を見極めるのはとても難しいのです!

お求めになる際は、信頼のおける骨董屋さんで購入するか、ご自身で探す際は慎重に。。。


ちなみに
「山岡鉄舟研究会」(http://www.tessyuu.jp/)
という会もありますひらめき

とても詳しく書かれていますので、興味のある人はアクセスしてみてね。










posted by お宝鑑定ドットコム at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。